重症院内肺炎の病態と治療

原耕平 編

院内のcompromised hostを脅かす感染症対策として、特に重症院内肺炎をとりあげ、その病態と治療についてコンパクトにまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 重症院内肺炎の病態(日本呼吸器学会の院内肺炎ガイドラインの概要について
  • 重症院内肺炎とする指標
  • 重症院内肺炎をきたす宿主側の要因
  • 重症院内肺炎を惹起しやすい病原菌)
  • 2 各種重症院内肺炎の治療(重症院内肺炎の対症療法
  • 重症院内肺炎のエンピリック治療における抗菌薬選択
  • 誤嚥性肺炎
  • 人工呼吸器関連肺炎(Ventilator‐associated pneumonia(VAP))
  • 免疫不全患者(移植を除く)における肺炎
  • 移植患者にみられる重症肺炎
  • 高齢者肺炎の治療
  • 治療に反応しない患者への対応)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 重症院内肺炎の病態と治療
著作者等 原 耕平
書名ヨミ ジュウショウ インナイ ハイエン ノ ビョウタイ ト チリョウ
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2002.9
ページ数 93p
大きさ 26cm
ISBN 4753219933
NCID BA5906186X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20331622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想