民族という虚構

小坂井敏晶 著

民族という虚構から開かれた共同体へ。異邦人や少数者の存在こそが人間の同一性を生み出す源泉をなす-パリ在住社会心理学者の考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民族の虚構性
  • 第2章 民族同一性のからくり
  • 第3章 虚構と現実
  • 第4章 物語としての記憶
  • 第5章 共同体の絆
  • 第6章 開かれた共同体概念を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民族という虚構
著作者等 小坂井 敏晶
書名ヨミ ミンゾク ト ユウ キョコウ
書名別名 Minzoku to yu kyoko
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2002.10
ページ数 201, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4130100890
NCID BA59058628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20345709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想