空間の詩学

ガストン・バシュラール 著 ; 岩村行雄 訳

家、宇宙、貝殻、ミニアチュール-人間をとりまくさまざまな空間は、どのような詩的イメージを喚起させるのか?物質的想像力の概念を導入して詩論の新しい地平を切りひらいてきたバシュラールは、この「科学的客観的態度」に疑義を呈するところから、本書を始める。人間の夢想を物質的相からとらえる態度は、「イメージの直接的な力に服従することを拒否することではないか」と。本書では、詩的イメージの根源の価値を明らかにするために、詩的イメージとイメージを創造する意識の行為を結合する、新たなる想像力の現象学を提唱する。バシュラール詩学の頂点をなす最晩年の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 家・地下室から屋根裏部屋まで・小屋の意味
  • 第2章 家と宇宙
  • 第3章 抽出・箱・および戸棚
  • 第4章 巣
  • 第5章 貝殻
  • 第6章 片隅
  • 第7章 ミニアチュール
  • 第8章 内密の無限性
  • 第9章 外部と内部の弁証法
  • 第10章 円の現象学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空間の詩学
著作者等 Bachelard, Gaston
岩村 行雄
バシュラール ガストン
書名ヨミ クウカン ノ シガク
書名別名 La poétique de l'espace

Kukan no shigaku
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.10
ページ数 444p
大きさ 15cm
ISBN 4480087249
NCID BA59057432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20336406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想