危機の20年と思想家たち : 戦間期理想主義の再評価

デーヴィッド・ロング, ピーター・ウィルソン 編著 ; 宮本盛太郎, 関静雄 監訳

E.H.カーの『危機の二十年:1919‐1939』は、戦間期の国際政治思想に関する解釈・議論に決定的な影響を与え、さらに戦後から冷戦終結までの国際政治の主流を形成したといっても過言ではない。特に彼はユートピアニズムを現実離れした理想主義と非難したが、それに属すると思われる当時のイギリスの国際政治家たちの考えは、カーが指摘したほど一様ではなく、むしろ多様であり、現実に影響を与えたものもある。冷戦後の今日、彼らの思想を再評価することは、カーの提示した現実‐理想の二分法以外の新しい視座を見出し、現在への教訓も引き出しうるのではないか。本書は、こうした意図により、戦間期の国際関係を論じた思想家のなかでも、最も重要と思われる人物を取り上げ、彼らが国際関係思想の面で、どのような貢献を為したかを再検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論-危機の二〇年と国際関係における「理想主義」の範畴
  • フィリップ・ノエル=ベーターと法による平和
  • デーヴィッド・デーヴィスと平和の強制
  • アルフレッド・ジマーンの慎重な理想主義-国際連盟、国際教育、連邦
  • ノーマン・エンジェルと国際関係における合理性
  • レナード・ウルフと国際政府
  • J.A.ホブソンと経済国際主義
  • J.M.ケインズ、理想主義、および平和の経済的基盤
  • デーヴィッド・ミトラニーと国際機能主義
  • ロージアン卿と連邦主義の立場からの国家主権批判
  • アーノルド・トインビー、チャタム・ハウス、そして世界を視野においた研究
  • 結論-戦間期理想主義・自由主義的国際主義・現代の国際理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危機の20年と思想家たち : 戦間期理想主義の再評価
著作者等 Long, David
Long, David E.
Wilson, Peter
Wilson, Peter Colin
宮本 盛太郎
関 静雄
ウィルソン ピーター
ロング デーヴィッド
書名ヨミ キキ ノ 20ネン ト シソウカタチ : センカンキ リソウ シュギ ノ サイヒョウカ
書名別名 Thinkers of The twenty years' crisis

Kiki no 20nen to shisokatachi
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 68
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2002.10
ページ数 371, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4623036154
NCID BA59041068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20333771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想