契約型福祉社会と権利擁護のあり方を考える : 高齢者・障害者主権の確立のために

日本弁護士連合会高齢者・障害者の権利に関する委員会 編

介護保険、支援費制度、成年後見、財産管理、リスクマネジメントなどなど、措置から契約への時代、利用者の権利を守るための根本問題、方策を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 高齢者・障害者と「新しい社会福祉システム」-「社会福祉基礎構造改革」と新しい利用制度は高齢者・障害者の人権・権利を保障するか
  • 第1章 これからの権利擁護システムのあり方とは
  • 第2章 利用に至るまでの条件と利用に結びつける支援とは何か-利用者の立場から新しい利用制度と権利擁護のあり方を考える その1
  • 第3章 新しい利用制度において契約関係が適正に結ばれるために-利用者の立場から新しい利用制度と権利擁護のあり方を考える その2
  • 第4章 判断能力が十分でない利用者の意思決定の支援システムについて-利用者の立場から新しい利用制度と権利擁護のあり方を考える その3
  • 第5章 実質的対等性の確保と実効あるサービス評価をめざして-利用者の立場から新しい利用制度と権利擁護のあり方を考える その4
  • 第6章 介護・福祉サービス事故をめぐるトラブルとサービスの質の向上-サービス提供者に求められるリスクマネジメントとは
  • 第7章 権利擁護の支援を担う福祉・医療・司法のネットワークと連携、協働のあり方を考える
  • 第8章 新しい社会福祉システムにおける公的責任と公的役割は何か
  • 第9章 提言 権利擁護のあり方と基盤整備について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 契約型福祉社会と権利擁護のあり方を考える : 高齢者・障害者主権の確立のために
著作者等 日本弁護士連合会
日本弁護士連合会高齢者・障害者の権利に関する委員会
日本弁護士連合会高齢者障害者の権利に関する委員会
書名ヨミ ケイヤクガタ フクシ シャカイ ト ケンリ ヨウゴ ノ アリカタ オ カンガエル : コウレイシャ ショウガイシャ シュケン ノ カクリツ ノ タメニ
書名別名 Keiyakugata fukushi shakai to kenri yogo no arikata o kangaeru
出版元 あけび書房
刊行年月 2002.10
ページ数 349p
大きさ 21cm
ISBN 487154043X
NCID BA58966585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20390154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想