日本の所得分配と格差

宮島洋, 連合総合生活開発研究所 編著

バブル崩壊後の「失われた10年」を経て、日本の社会経済はどのような影響を受けたのか。格差の実態・格差の要因に迫り、今後を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 格差の諸相(日本における分配問題の概観
  • 賃金格差の実態
  • 社会移動から見た格差の実態)
  • 第2部 格差の要因(所得等の格差と人口高齢化
  • 非正規労働者の増加がもたらす労働市場の2極分化
  • 少子高齢化社会における遺産・相続の実態と相続制度改革)
  • 第3部 格差の見方(賃金格差と仕事格差
  • 所得格差とジニ係数)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の所得分配と格差
著作者等 宮島 洋
連合総合生活開発研究所
連合総研
書名ヨミ ニホン ノ ショトク ブンパイ ト カクサ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2002.10
ページ数 242p
大きさ 22cm
ISBN 4492393889
NCID BA5895974X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20333663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想