企業倫理とコーポレートガバナンス : 知的資産の有効活用

安達巧 著

[目次]

  • 第1章 知的資産活用の時代(無形資産と知的資産
  • 時代はハードからソフトへ ほか)
  • 第2章 コーポレートガバナンスへの期待と無期待(コーポレートガバナンスについて
  • コーポレートガバナンス論の動向 ほか)
  • 第3章 日本型ガバナンスの危機(「会社は株主のもの」ではない日本企業
  • 従業員至上主義の弊害-表面化しない人的含み損 ほか)
  • 第4章 戦略ツールとしての内部監査(監査における理想と現実
  • 法律上のガバナンス機関ではない内部監査への期待)
  • 第5章 知的資産の会計数値化と監査の可能性(知的資産のキャッシュフロー押し上げ効果
  • コントロールのためにも必要な測定 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業倫理とコーポレートガバナンス : 知的資産の有効活用
著作者等 安達 巧
書名ヨミ キギョウ リンリ ト コーポレート ガバナンス : チテキ シサン ノ ユウコウ カツヨウ
出版元 創成社
刊行年月 2002.9
ページ数 121p
大きさ 22cm
ISBN 4794421370
NCID BA58925431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20450901
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想