日本の医療と法 : インフォームドコンセント・ルネッサンス

ロバート・B.レフラー 著 ; 長澤道行 訳

米国ロースクール教授兼メディカルスクール教授が、10年にわたり日本の医療現場の変化を丹念に追いかけた。そこで見た実態と浮かびあがる全体像。-帰国子女東大院生が明快に訳出する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の医療パターナリズムを安定させる3つの因子(医療パターナリズムと文化
  • 医療パターナリズムと経済 ほか)
  • 第2章 発酵しつつある日本医療1(脳死とインフォームドコンセント
  • 治験とインフォームドコンセント)
  • 第3章 発酵しつつある日本医療2(日本人の権利主張
  • 医療専門職の反応 ほか)
  • 第4章 まとめ
  • 跋 21世紀に入って(臓器移植法
  • GCP改訂 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の医療と法 : インフォームドコンセント・ルネッサンス
著作者等 Leflar, Robert B
長澤 道行
長沢 道行
レフラー ロバート・B.
書名ヨミ ニホン ノ イリョウ ト ホウ : インフォームド コンセント ルネッサンス
出版元 勁草書房
刊行年月 2002.9
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 4326450606
NCID BA58907178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20331707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想