先端技術が拓く医工学の未来

古川俊之 編

本書は、日本の医学・生物学と理工学の最先端の研究者が,5年間にわたって共に研究してきた最先端の「医工学」の技術とその未来を語った講演記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 医工学・新発見
  • 「延命」ではなく「よく生き、よく死ぬ」ための医用生体工学-「生体の計測と制御」研究の今後
  • フォトニック生体技術の誕生から成長への期待
  • 生体動的センシング研究の夢と当面する課題
  • 逆問題解の生物研究応用の歩みと克服すべき問題
  • 超音波診断治療の回顧と革新への研究目標
  • バイオセンサーの急激な進歩を担うスピリット
  • 技術を創造する未来への直言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先端技術が拓く医工学の未来
著作者等 古川 俊之
書名ヨミ センタン ギジュツ ガ ヒラク イコウガク ノ ミライ
書名別名 Sentan gijutsu ga hiraku ikogaku no mirai
出版元 アドスリー : 丸善出版事業部
刊行年月 2002.10
ページ数 209p
大きさ 21cm
ISBN 4900659304
NCID BA58882703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想