心理学の新しいかたち : 方法への意識

下山晴彦, 子安増生 編著 ; 遠藤利彦 ほか著

本書は、各執筆者が自らの専門の枠を超えて、心理学の新しい方法や、方法に関する議論をどのように統合し、"新しいかたち"を創っていくのかというテーマに取り組んだもの。認知心理学、臨床心理学、発達心理学、心理統計学、教育心理学、社会心理学、心理学史等々の各専門領域のコラボレーションを通して"心理学の新しいかたち"を探り、提案する試みとなっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 心理学の新しいかたちを探る
  • 第2章 問いを発することと確かめること:心理学の方法論をめぐる一試論・私論
  • 第3章 研究法に関する基本姿勢を問う:本来の姿ないし基本に戻ろう
  • 第4章 フィールドに関わる「研究者/私」:実践心理学の可能性
  • 第5章 モード2・現場心理学・質的研究:心理学にとっての起爆力
  • 第6章 心理学研究における二項対立を越えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理学の新しいかたち : 方法への意識
著作者等 下山 晴彦
佐藤 達哉
吉田 寿夫
子安 増生
遠藤 利彦
鹿毛 雅治
書名ヨミ シンリガク ノ アタラシイ カタチ : ホウホウ エ ノ イシキ
出版元 誠信書房
刊行年月 2002.10
ページ数 275p
大きさ 22cm
ISBN 4414301513
NCID BA58856000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想