シヴァと女神たち

立川武蔵 著 ; 大村次郷 写真

先端の丸い円筒の姿のリンガは、ヒンドゥーの神シヴァのシンボルだ。インドの人々は、その上から水をかけて祈る。それはシヴァと妃パールヴァティーがおこなう生命の営みを、儀礼のレヴェルで演ずることにほかならない。シヴァと水、これはインド大陸を縦横にめぐるヒンドゥー教の脈ともなるものなのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 夏の夜のシヴァ・リンガ
  • 2 ヒンドゥーの宇宙観とシヴァ
  • 3 シヴァとパールヴァティーの結婚
  • 4 シヴァのさまざまな相
  • 5 シヴァの畏怖相バイラヴァと母神たち
  • 6 恐ろしき美女ドゥルガー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シヴァと女神たち
著作者等 大村 次郷
立川 武蔵
書名ヨミ シヴァ ト ジョシンタチ
シリーズ名 Historia 10
出版元 山川出版社
刊行年月 2002.9
ページ数 166p
大きさ 19cm
ISBN 4634491001
NCID BA58802690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20326028
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想