からだを読む

養老孟司 著

自分のものなのに、人はからだのことを知らない。からだの中を見るなんて、とんでもないことだと思っている。そのくせ「人体はよくできていますね」などと言う。よくできているなら、なぜ喉にモチを詰まらせて死んだりするのか。生きるために必要な食べるという行為によって、これまた不可欠の呼吸を妨げて死ぬ。そんなバカなことがあるものか…。口からはじまって肛門まで、知っているようで知らない人体内部のディテールを多彩な図版とともに綴る医学エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 口と肛門
  • 唇とその周辺
  • 口の天井と床
  • 舌とことば
  • 呑み込む
  • 食道
  • 胃と十二指腸
  • 小腸
  • 小腸から大腸へ
  • 肝臓
  • 肝臓と胆嚢
  • 膵臓
  • 大腸
  • 直腸

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 からだを読む
著作者等 養老 孟司
書名ヨミ カラダ オ ヨム
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.9
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4480059636
NCID BA58780441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20332063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想