近代イギリスの社会と文化

村岡健次 著

21世紀を迎えて、かつて現代と目されていた20世紀はしだいに歴史時代の様相を帯びはじめ、それに応じてそれに先立つ19世紀を中心とする近代はさらに相対化され、今や完全に一つの歴史時代になろうとしている。本書はこのような時代認識に立ち、19世紀を中心とするイギリス近代を一歴史時代の「近代イギリス」として捉え、ジェントルマンと中流階級のかかわりを軸にその特質を描こうとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史時代としての近代イギリス
  • 1 歴史像の変化(移り行くヴィクトリア時代の歴史像
  • 一九世紀の中流階級)
  • 2 ジェントルマンの教育(中等教育の発展
  • 「アスレティシズム」とジェントルマン-一九世紀のパブリック・スクールにおける集団スポーツについて)
  • 3 プロフェッションの諸相(薬剤師の成立
  • 陸軍士官の位階購買制
  • 陸軍士官の教育)
  • 4 文化と宗教(テムズ川の汚染とロンドン都市行政
  • イギリス・アヘン小史
  • イギリス国教会-過去と現在)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代イギリスの社会と文化
著作者等 村岡 健次
書名ヨミ キンダイ イギリス ノ シャカイ ト ブンカ
書名別名 Kindai igirisu no shakai to bunka
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 54
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2002.9
ページ数 329, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4623036170
NCID BA58773719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20329287
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想