記憶すること・記録すること : 聞き書き論ノート

香月洋一郎 著

戦争体験者や村の古老の語る「事実」の本質とは何か。彼らの心意を私たちはどのように受け止めたらいいのか。長年村々を歩き続けてきた著者が、「聞き書き」が内にもつ曖昧さとその可能性を説き、現代民俗学を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世代の体験-はじめに(沈黙という語り
  • 頑なさと乾き ほか)
  • 時代と社会のなかの聞き書き
  • (表現のなかの記憶
  • 記憶とは何か-多義的な問いの総称として ほか)
  • 私にとっての聞き書き(二つの世界
  • 自治体史作成の現場で)
  • 語ること・記録すること(日常言葉の専門用語
  • 雑談の中の勢い ほか)
  • フィールド・ノートの余白に-まとめにかえて(報告書の行間に
  • むらと生産組合 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶すること・記録すること : 聞き書き論ノート
著作者等 香月 洋一郎
書名ヨミ キオクスル コト キロクスル コト : キキガキロン ノート
書名別名 Kiokusuru koto kirokusuru koto
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 145
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.10
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 4642055452
NCID BA58773129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20331650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想