展望日本歴史  14

紙屋 敦之;木村 直也【編】

「鎖国」から「海禁」「華夷秩序」へ。近世の対外関係への視座は近年大きく転換している。東アジアの国際関係のなかで近世日本を同時代的にとらえる様々なアプローチを紹介し、研究の方向を示唆した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説・海禁と鎖国
  • 第1章 視座の転換
  • 第2章 大君外交
  • 第3章 人と物の交流
  • 第4章 情報と認識
  • 第5章 通信と通商の国
  • 第6章 異国と異域の解体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 展望日本歴史
著作者等 木村 直也
紙屋 敦之
書名ヨミ テンボウ ニホン レキシ
書名別名 海禁と鎖国

Tenbo nihon rekishi
巻冊次 14
出版元 東京堂
刊行年月 2002.9
ページ数 459p
大きさ 23cm
ISBN 4490305648
NCID BA58748788
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20329250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
海禁と鎖国 紙屋 敦之, 木村 直也
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想