日本の住まい変わる家族 : 居住福祉から居住文化へ

袖井孝子 著

近年、少子高齢化とライフスタイルの多様化を受け、家族のかたちは変わりつつある。それを受け、バリアフリー住宅や集合住宅等、住む人に合わせた住まいが広がるようになった。本書は戦後日本の住まいと家族の変遷を辿りながら、「家族の安心と安全の保障」という住まいの原点にあらためて立ち戻り、これからの住まいと家族の行方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 日本人にとっての家
  • 2章 戦後日本の家族と住まい
  • 3章 子どもにとっての家
  • 4章 女性にとっての家
  • 5章 住み慣れた家や地域で老いる
  • 6章 わが家を離れて暮らす
  • 終章 居住福祉から居住文化へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の住まい変わる家族 : 居住福祉から居住文化へ
著作者等 袖井 孝子
書名ヨミ ニホン ノ スマイ カワル カゾク : キョジュウ フクシ カラ キョジュウ ブンカ エ
書名別名 Nihon no sumai kawaru kazoku
シリーズ名 Minerva福祉ライブラリー 56
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2002.9
ページ数 213, 5p
大きさ 21cm
ISBN 4623036820
NCID BA58743831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20326195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想