人間環境学への招待

長崎総合科学大学人間環境学部 編

人間と環境が共生する、未来へと受け渡すことのできる持続可能な社会を創造するためには、あらゆる分野の学問や、様々な技術、そして社会システムを動員して、人類の英知を結集することが求められていることを、多くの実例を通して描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間環境学へのパースペクティヴ(環境は自然とどのように違うのか
  • ストックホルム宣言(人間環境宣言)と責任倫理 ほか)
  • 2 人間環境学としての長崎学(長崎の歴史的・文化的環境の個性をかたちづくるキリスト教文化
  • 歴史遺産としてのグラバー邸と地域活性化 ほか)
  • 3 環境を創造する人間環境学のひろがり(言語環境の創造
  • 自然環境の創造と保全 ほか)
  • 4 人間環境学は明日の暮らしを語る(環境問題と明日の責任
  • 身近な生物の観察を楽しむことの環境保全における意味 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間環境学への招待
著作者等 長崎総合科学大学人間環境学部
書名ヨミ ニンゲン カンキョウガク エノ ショウタイ
書名別名 Ningen kankyogaku eno shotai
出版元 丸善
刊行年月 2002.9
ページ数 248p
大きさ 19cm
ISBN 4621070975
NCID BA58739878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20328846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想