「共生」思想の探求 : アジアの視点から

吉田傑俊, 卞崇道, 尾関周二 編

差異・多様性を認めつつ、対等・平等に生きるには。地球環境・資源の危機、そして「南北」間格差・民族間対立の激化のなかで、人間同士また人間と自然が、共に生きぬく思想・方途を探る。日中共同研究の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 共生概念の探求(共生理念の探求と現代
  • 「和而不同」-共生という意味における普遍的価値
  • 共生理念の社会学的解読
  • 共生とマルクスの物質代謝概念)
  • 第2部 日本と中国における共生思想の展開(共生理念の深化と仏教思想の"参照点としての意義"
  • 「共生」と私的所有-安藤昌益の思想に因んで
  • 共生哲学を構築するために)
  • 第3部 現代における共生の現実化の方向(政治的共生から交換的共生へ-グローバルな連帯のために
  • 環境問題の道徳的反省と中国における道徳の再構築
  • 情報化社会における共生問題-中日現代化と共生理念の現実的可能性
  • 日本と中国における「共生」問題とその現代的方向-「西洋と東洋」問題を中心として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「共生」思想の探求 : アジアの視点から
著作者等 卞 崇道
吉田 傑俊
尾関 周二
書名ヨミ キョウセイ シソウ ノ タンキュウ : アジア ノ シテン カラ
書名別名 Kyosei shiso no tankyu
出版元 青木書店
刊行年月 2002.9
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 4250202321
NCID BA58726606
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想