記録を組み入れたクリニカルパス

京都第一赤十字病院看護部 編著

京都第一赤十字病院のクリニカルパスの特徴として絵文字による表示(院内の案内表示と一致)、供給系との連動、看護計画を取り込んでいることなどがある。看護計画の中の観察内容も科学的根拠に基づいて期間を設定したり、具体的に表示するなどの工夫を試みている。本格的なバリアンスの分析・評価や原価管理などはこれからであるが、パスはこれからの医療・看護のマネジメントに不可欠のものとなっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 京都第一赤十字病院におけるクリニカルパスの特徴と導入から運用まで
  • 第2章 科目別に見るクリニカルパスの実際(外科
  • 脳外科
  • 眼科
  • 耳鼻科
  • 歯科口腔外科
  • 整形外科
  • 産婦人科 ほか)
  • 第3章 進化するパスを目指して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記録を組み入れたクリニカルパス
著作者等 京都第一赤十字病院
京都第一赤十字病院看護部
書名ヨミ キロク オ クミイレタ クリニカル パス
出版元 日総研
刊行年月 2002.6
ページ数 270p
大きさ 26cm
ISBN 4890146792
NCID BA58726107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20429912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想