がん化学療法の有害反応対策ハンドブック

吉田清一 監修 ; 栗原稔, 佐々木常雄 編

四六時中、病気に対する不安に悩むなかで、さらに副作用に耐えねばならないとなると、患者の医師に対する不信感にもつながりかねない。したがって、可及的速やかに、かつ可及的に大きくその苦痛を軽減する努力が払われねばならない。副作用に関する諸問題に速やかな対応を可能にするため、ハンドブックの形式でベッドサイドで利用しやすく考えられたのが本書作製の意図である。第3版では、若干の新しい項目が加えられた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • おもな抗がん剤の分類・適応症一覧
  • 疾患別単剤・多剤併用療法とおもな有害反応一覧
  • 抗がん剤の分類・作用機序・適応
  • 抗がん剤とBRM製剤併用時の有害反応対策
  • がん化学療法の有害反応対策とその実際(消化器症状とその対策
  • 感染症とその対策
  • 骨髄障害とその対策
  • 腎障害とその対策
  • 肝障害とその対策 ほか)
  • 付録 G‐CSFの適切な使用方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 がん化学療法の有害反応対策ハンドブック
著作者等 佐々木 常雄
吉田 清一
栗原 稔
書名ヨミ ガン カガク リョウホウ ノ ユウガイ ハンノウ タイサク ハンドブック
出版元 先端医学社
刊行年月 2002.7
版表示 第3版.
ページ数 362p
大きさ 19cm
ISBN 4884070712
NCID BA58703371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20410175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想