山を楽しむ

田部井淳子 著

稜線をわたる風が汗ばんだ体に心地よく通りすぎてゆく時の爽快さ-心を豊かにしてくれるこの瞬間を求めて山に登る人は多いのではないか。里山からエヴェレストまで、著者が寸暇を惜しんで山を歩くのも、この至福の時を楽しむためだという。四季折々の山行、山のごちそう、山の環境保護の実践などを語るエッセイ集。写真多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 エヴェレストの頂上に立って(厳寒のエヴェレスト、シェルパたちが支え
  • ラッセルに苦闘し無心で歩みを進める ほか)
  • 2 四季を歩く(足で楽しもう春本番
  • メキシコ富士の雪面で ほか)
  • 3 世界の山、日本の山(高所と香りの不思議な関係
  • 二四年ぶりのエヴェレスト ほか)
  • 4 山の食卓(アイガーのビール
  • 南会津の味 ほか)
  • 5 快適な山歩きのために(初めはだれでも不安なもの
  • ひざ痛を防ぐために ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山を楽しむ
著作者等 田部井 淳子
書名ヨミ ヤマ オ タノシム
書名別名 Yama o tanoshimu
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.9
ページ数 225, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4004308038
NCID BA58692843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20331916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想