デジタルを哲学する : 時代のテンポに翻弄される<私>

黒崎政男 著

日進月歩で進化するデジタル・テクノロジー。インターネット、デジタル動画、携帯電話…1と0で構成される世界では、誰もが"著者・情報発信者"になり得る。"モノ"から飛び出した情報は一人歩きし、著作権はあいまいになり、本や写真の奥深い質感は失われていく…。昨日の世界が明日には激変する電脳社会において、時代のテンポに目を奪われる人間は何を喪失し、何を求めているのか。今日のコンピュータ理論を基礎づけた"哲学"の意義を問い直し、「デジタル時代」の現代を斬る異色の哲学書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 デジタルを哲学する(情報の値段とは何か
  • 著作権がなくなる!?
  • 「デジタル」時代の哲学の意義)
  • 第2部 テクノロジーを哲学する(「洗剤ゼロ」を哲学する-衰弱した現代人
  • 人間とは何か-融解する人間
  • ロボットを哲学する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デジタルを哲学する : 時代のテンポに翻弄される<私>
著作者等 黒崎 政男
書名ヨミ デジタル オ テツガクスル : ジダイ ノ テンポ ニ ホンロウサレル ワタクシ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2002.9
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 456962412X
NCID BA58686410
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20329015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想