真理とディスクール : パレーシア講義

ミシェル・フーコー 著 ; 中山元 訳

ギリシア哲学において真理を語る者の役割は、どのような"問題"を構成していったのだろうか。真理に関して、カントの考古学、ニーチェの系譜学、ウィトゲンシュタインの「ゲーム」の理論をうけつぎながら、真理を語る=パレーシアという語が使われる状況を歴史的に分析・考察し、真理を語る主体と他者との関係から構成される問題に焦点を当てたフーコー最晩年の重要概念。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パレーシアについて-一九八三年一〇月一〇日の第一講義
  • 第2章 エウリピデスにおけるパレーシア
  • 第3章 民主制の危機におけるパレーシア-一九八三年一一月一四日の第四講義
  • 第4章自己の配慮としてのパレーシア
  • 第5章 グレコ・ローマン期のパレーシア-一九八三年一一月二一日の第五講義
  • 第6章 自己の技術-九八三年一一月三〇日の最後の講義
  • 結論 "問題構成"について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真理とディスクール : パレーシア講義
著作者等 Foucault, Michel
中山 元
フーコー ミシェル
書名ヨミ シンリ ト ディスクール : パレーシア コウギ
書名別名 Fearless speech

Shinri to disukuru
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.9
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 448084712X
NCID BA5868624X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20329091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想