創薬サイエンスのすすめ : ポストゲノム時代へのパラダイムシフト

石川智久, 堀江透 編

[目次]

  • なぜ今「創薬科学」が必要か?
  • ゲノム科学が創薬にもたらすもの
  • 薬物ターゲットの選定とスクリーニング
  • 創薬化学-メディシナルケミストの役割
  • 創薬分子科学から生体非侵襲測定へ
  • 薬物代謝の構造相関と消化管吸収の溶解性評価
  • 薬物代謝酵素の遺伝子多型
  • 薬物トランスポーターと創薬
  • 創薬における薬物安全性評価-毒性スクリーニング系、分子毒性(ゲノム毒性)、安全性データベースの構築
  • 薬理ゲノミクスとファルマインフォマティクス
  • 情報技術(IT)と情報学の役割
  • 日本が創薬を通じて世界に対して果たす役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 創薬サイエンスのすすめ : ポストゲノム時代へのパラダイムシフト
著作者等 堀江 透
石川 智久
書名ヨミ ソウヤク サイエンス ノ ススメ : ポスト ゲノム ジダイ エノ パラダイム シフト
出版元 共立
刊行年月 2002.9
ページ数 209p
大きさ 26cm
ISBN 4320061438
NCID BA58684732
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20328777
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想