京料理の迷宮 : 奥の奥まで味わう

柏井壽 著

京都の町の隅から隅までを知り尽くした著者さえも途方に暮れさせる京料理の深淵。本書は、懐石にはじまって、中華、フレンチ、イタリアン、果ては焼肉、定食、餃子、ラーメンと、京都における食の"闇"の部分に敢えて光をあてようとする試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 京料理とは何か
  • 第2章 京都人は何を食べてきたのか
  • 第3章 間違いだらけの店選び
  • 第4章 今、誰の何を食べるべきか-その一
  • 第5章 旦那衆の「ご飯食べ」
  • 第6章 京都人の「普段食べ」
  • 第7章 京料理は動いている-十二の断想
  • 第8章 今、誰の何を食べるべきか-その二

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京料理の迷宮 : 奥の奥まで味わう
著作者等 柏井 寿
書名ヨミ キョウリョウリ ノ メイキュウ : オク ノ オク マデ アジワウ
書名別名 Kyoryori no meikyu
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2002.9
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4334031595
NCID BA58669659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20326006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想