国境を越えるユートピア : 国民国家のエルゴロジー

加藤哲郎 著

リヒアルト・ゾルゲやアイノ・クーシネン、国崎定洞や須藤政尾が越えようとした「国家」とは、何であったか。国民国家の意味を、どのように考えるか。国民国家を歴史的・理論的に認識するには、どのような方法が必要か-。21世紀に生きるための問いを、根源的に考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本書は何を問題にするのか
  • 1 封印を解かれた越境者の記録(「国民国家の時代」のユートピア
  • 一九三七年の女たちの夢
  • モスクワにあこがれた男たちの夢
  • 国籍を喪失した日本人越境者の悪夢)
  • 2 国境を越えた市民とNGO(「国家」に呪縛された「社会」主義
  • 「国民国家」とは何であったか?
  • 地球市民とNGO)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国境を越えるユートピア : 国民国家のエルゴロジー
著作者等 加藤 哲郎
書名ヨミ コッキョウ オ コエル ユートピア : コクミン コッカ ノ エルゴロジー
書名別名 国民国家のエルゴロジー
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2002.9
ページ数 329p
大きさ 16cm
ISBN 4582764444
NCID BA58652350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20336620
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想