ソ連=党が所有した国家 : 1917-1991

下斗米伸夫 著

二〇世紀最大の政治組織=ソ連共産党がつくった国家でなにが起こったのか?官僚制、大粛清、飢餓、強制収容所…。ナンバー2モロトフの回想を通して、党が国家であった時代の軌跡を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 党が国家であった世紀
  • 第1章 ロシア革命とボリシェビク
  • 第2章 共産党とアパラチク(機関専従員)
  • 第3章 ネップとアンチ・ルイノチニク(反市場主義)
  • 第4章 スターリン体制とスターリニスト
  • 第5章 世界大戦とナルコミンデル(外務人民委員)
  • 第6章 冷戦とデルジャブニク(大国主義者)
  • 第7章 非スターリン化とドグマチーク(教条主義者)
  • 第8章 「停滞の時代」のなかのペンシオネール(年金生活者)
  • 終章 モロトフとソ連崩壊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソ連=党が所有した国家 : 1917-1991
著作者等 下斗米 伸夫
書名ヨミ ソレン トウ ガ ショユウシタ コッカ : 1917 - 1991
シリーズ名 講談社選書メチエ 248
出版元 講談社
刊行年月 2002.9
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4062582481
NCID BA58643677
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20326081
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想