明治五年のプレーボール : 初めて日本に野球を伝えた男-ウィルソン

佐山和夫 著

日本に初めて野球を伝えたといわれるホーレス・ウィルソンとはどんな人物だったのか?ウィルソンの生涯を探り、日本野球の発展の基になった事実を明らかにする迫真のルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 二十一世紀、夏の甲子園
  • 第1章 「日本野球の父」をたずねて
  • 第2章 ウィルソンと野球熱が高まった南北戦争時代
  • 第3章 日本野球とウィルソンの影響
  • 第4章 忘れられた「日本野球の父」たち
  • 第5章 野球殿堂入りはできるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治五年のプレーボール : 初めて日本に野球を伝えた男-ウィルソン
著作者等 佐山 和夫
書名ヨミ メイジ ゴネン ノ プレーボール : ハジメテ ニホン ニ ヤキュウ オ ツタエタ オトコ ウィルソン
書名別名 Meiji gonen no pureboru
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2002.8
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 4140807113
NCID BA58624708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20322702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想