記憶と脳 : 過去・現在・未来をつなぐ脳のメカニズム

久保田競 編 ; 松波謙一, 船橋新太郎, 櫻井芳雄 共著

古くはギリシャ時代から人間の興味の対象となっていた記憶。近年、脳損傷患者の臨床例や非侵襲的手法の進歩などにより、記憶のメカニズムの解明が急速に進んでいる。本書では、世界的にも活躍中の著者陣が、その研究成果を分かりやすく紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 運動の記憶(記憶と学習の分子的基盤
  • 運動野での記憶と学習
  • 小脳での記憶と学習-付:脊髄での学習 ほか)
  • 第2部 前頭葉と記憶(前頭連合野とはどのような領域か
  • 人の損傷例から知る前頭連合野の機能
  • 検査課題から知る前頭連合野の機能 ほか)
  • 第3部 海馬と記憶(海馬破壊の臨床例と動物実験
  • 海馬体のニューロン活動
  • 海馬体での情報コーディング ほか)
  • おわりに 脳の記憶研究小史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶と脳 : 過去・現在・未来をつなぐ脳のメカニズム
著作者等 久保田 競
松波 謙一
櫻井 芳雄
船橋 新太郎
書名ヨミ キオク ト ノウ : カコ ゲンザイ ミライ オ ツナグ ノウ ノ メカニズム
書名別名 Kioku to no
シリーズ名 ライブラリ脳の世紀 : 心のメカニズムを探る / 久保田競, 酒田英夫, 松村道一 編 7
出版元 サイエンス社
刊行年月 2002.9
ページ数 203p 図版8p
大きさ 21cm
ISBN 4781910173
NCID BA58613836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20331771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想