ビール15年戦争 : すべてはドライから始まった

永井隆 著

1987年からの"ドライ戦争"がビール業界のシェア争いに火をつけた。その後、主役は瓶から缶に移り、販売は酒店からコンビニ・DSへ。そして発泡酒による消耗戦へ。多様化する消費者の好みをいち早くキャッチしようと踏ん張った最前線の人たちに光をあて、激動の15年を活写した力作ルポ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 消費者が飲みたいビールが日本にはなかった
  • 第2章 "ドライ戦争"は一人勝ち
  • 第3章 一人の人間ができることには限界がある
  • 第4章 個人のプライドをかけた一騎打ち
  • 第5章 安くてうまいなら「やってみなはれ」
  • 第6章 二〇〇一年、業界首位交代
  • 第7章 海の向こうで戦いが始まる
  • 終章 ドライ戦争から一五年、そして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビール15年戦争 : すべてはドライから始まった
著作者等 永井 隆
書名ヨミ ビール 15ネン センソウ : スベテ ワ ドライ カラ ハジマッタ
シリーズ名 日経ビジネス人文庫
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2002.8
ページ数 283p
大きさ 15cm
ISBN 4532191394
NCID BA58564366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20315179
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想