日本人の苗字 : 三〇万姓の調査から見えたこと

丹羽基二 著

長年にわたって、約三〇万姓にものぼる日本人の苗字を渉猟してきた"平成の南方熊楠"とも称される鬼才、丹羽基二。彼はその成果を六年前、『日本苗字大辞典』全三巻にまとめあげた。その過程で見えてきた苗字の歴史、変遷、そして日本人と苗字との関わりとは?八十を超え、ますます意気盛んな著者による体系的苗字学の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本人の苗字
  • 第2章 誕生した苗字-古代
  • 第3章 整理された苗字-奈良〜平安期
  • 第4章 枝分かれした苗字-鎌倉〜戦国期その一
  • 第5章 散らばった苗字-鎌倉〜戦国期その二
  • 第6章 封印された苗字-室町〜江戸期
  • 第7章 作られた苗字-明治期
  • 第8章 進化する苗字-昭和〜平成期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の苗字 : 三〇万姓の調査から見えたこと
著作者等 丹羽 基二
書名ヨミ ニホンジン ノ ミョウジ : サンジュウマン セイ ノ チョウサ カラ ミエタ コト
書名別名 Nihonjin no myoji
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2002.8
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4334031544
NCID BA58541735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20309422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想