律令国家と天平文化

佐藤信 編

律令国家とはどのようなものだったのか。東アジアなどとの交流の中で天皇や貴族が取組んだ政治、古代都市「平城京」や地方社会に生きた人々、仏教・美術・文学と国家との関わりなど、奈良時代の全体像を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 律令国家と天平文化
  • 1 律令国家の王権と儀礼
  • 2 古代都市の実像
  • 3 地方官衙と在地の社会
  • 4 奈良仏教と民衆
  • 5 飛鳥・奈良の仏教美術と律令国家
  • 6 古代文学と律令国家
  • 7 古代日本と蝦夷・隼人、東アジア諸国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 律令国家と天平文化
著作者等 仁藤 敦史
佐藤 信
本郷 真紹
浅井 和春
矢嶋 泉
舘野 和己
酒寄 雅志
書名ヨミ リツリョウ コッカ ト テンピョウ ブンカ
シリーズ名 日本の時代史 / 石上英一 ほか企画・編集 4
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.9
ページ数 332, 16p
大きさ 22cm
ISBN 4642008047
NCID BA58518460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20322857
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想