ドイツ : 古都と古城と聖堂

魚住昌良 著

中世の面影をそのまま残す町々、ベルリンのように21世紀の新たな方向に進む都市。多様な都市の姿のなかにドイツの歴史の重みが感じられる。知の旅行案内の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ドイツの歴史(ドイツ史の枠組み
  • 古ゲルマンの世界-ドイツ史の濫觴
  • フランクからドイツへ-ドイツ史の啓蟄
  • 皇帝と教会の時代-統合と分立の緊張
  • 中世の都市化-帝国と領邦と都市 ほか)
  • 第2部 ドイツの歴史散策(ライン遡行
  • ドナウ下りと南ドイツの史跡
  • 宗教改革の旅
  • エルベの川下りとハンザ都市
  • ホーエンツォレルンの王都と離宮)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ : 古都と古城と聖堂
著作者等 魚住 昌良
書名ヨミ ドイツ : コト ト コジョウ ト セイドウ
シリーズ名 世界歴史の旅
出版元 山川出版社
刊行年月 2002.8
ページ数 227p
大きさ 21cm
ISBN 4634632500
NCID BA58493064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20320162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想