カビの常識人間の非常識

井上真由美 著

プラスチックフィルムに包むから食品にカビが生える、洗いすぎるから体を守る微生物が失われる、薬剤を使うからさらにカビがふえる-。飛行機にもレンズにもカビ。想像を絶するカビの脅威的な力は、実は自然界の絶妙なバランスを崩した人間の驕りがもたらしたもの。不潔、危険、やっかいものとされるカビと、どうつき合っていけばよいのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ(微生物は地球の自然のパイオニア
  • 微生物の持つ環境適応力 ほか)
  • 第1章 カビの常識・人間の非常識(ウンコはくさくも汚くもない
  • おしっこは無菌の液体 ほか)
  • 第2章 想像を絶する驚異の生命力(アルミニウムを食べるカビ
  • プラスチックがカビでやられる理由 ほか)
  • 第3章 カビは健康の敵?味方?(食品包装用のラミネートフィルムはカビだらけ
  • なぜ冷蔵庫のなかはカビの住みかになるのか ほか)
  • 第4章 カビの目線で日本人の暮らしぶりを見ると(健康によくない住まいだからカビが生える
  • 見直したい木造住宅の快適さ ほか)
  • 第5章 微生物とともに健康に生きる(赤ちゃんの元気は微生物の元気
  • 健康は微生物を食べることから ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カビの常識人間の非常識
著作者等 井上 真由美
書名ヨミ カビ ノ ジョウシキ ニンゲン ノ ヒジョウシキ
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2002.8
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 4582851495
NCID BA58418557
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20326009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想