「家で死ぬ」ということ : 家族が後悔しない身内の介護と看取り方

西村文夫, 宮原伸二 編著

在宅での介護から看取りの体験談、在宅での看取り方、看取られ方、在宅医療に携わる医師と訪問看護婦それぞれの立場での対談。週末期宣言書のすすめ…など。これからの望ましい在宅看護と在宅死のありかたを考える一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 父、母、祖母、妻、夫を家で看取る-体験談
  • 第2章 家で死を迎えるために、知っておきたいこと
  • 第3章 家での看取り方、看取られ方
  • 第4章 満足のいく介護と望ましい在宅死-医師と訪問看護婦の対談
  • 第5章 高齢社会の明日を占う公的介護保険
  • 第6章 これからの在宅介護
  • 付記 「終末期宣言書」のすすめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「家で死ぬ」ということ : 家族が後悔しない身内の介護と看取り方
著作者等 宮原 伸二
西村 文夫
書名ヨミ イエ デ シヌ ト ユウ コト : カゾク ガ コウカイシナイ ミウチ ノ カイゴ ト ミトリカタ
書名別名 Ie de shinu to yu koto
出版元 碧天舎
刊行年月 2002.5
版表示 新装版.
ページ数 279p
大きさ 19cm
ISBN 4883460843
NCID BA58372660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20344067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想