公害・環境私法の展開と今日的課題

吉村良一 著

今日、公害・環境法の中でもとりわけ私法・損害賠償法のあり方をめぐって、従来のわが国の判例・学説は被害者救済を強調してきたがそこには行き過ぎもあったのではないかとの意見が、出てきている。本書は、このような「行き過ぎ」論と異なり、この時期に形成されてきた法理論は、今日なお、問題を考える上での出発点ともいうべき重要な意義を有していることを明らかにする。そして、それらを、現在の問題状況に適合的に発展させるためには何が必要かを考えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 わが国における公害・環境法の特質(わが国の公害・環境法の歴史
  • ドイツにおける環境政策と法の展開-日本との比較
  • ドイツにおける環境民事責任論の動向)
  • 第2部 わが国における公害・環境私法の展開(公害・環境私法前史
  • 公害における過失責任・無過失責任
  • 公害裁判における因果関係論の展開
  • 公害裁判と共同不法行為論
  • 公害裁判における損害論
  • 公害賠償における「割合的責任」論の検討)
  • 公害・環境法理論の到達点と今日的課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公害・環境私法の展開と今日的課題
著作者等 吉村 良一
書名ヨミ コウガイ カンキョウ シホウ ノ テンカイ ト コンニチテキ カダイ
書名別名 Kogai kankyo shiho no tenkai to konnichiteki kadai
シリーズ名 立命館大学法学部叢書 1号
出版元 法律文化社
刊行年月 2002.8
ページ数 356p
大きさ 22cm
ISBN 4589025957
NCID BA58368776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20326550
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想