サキャ格言集

サキャ 著 ; 今枝由郎 訳

著者サキャ・パンディタ(1182‐1251)は13世紀チベットの人。論理学・文法学・韻律学から医学・占星術にいたるまで、百を越える著作があると伝えられる学者であり、強大なモンゴル帝国との折衝に、チベットを代表してあたった熟練の政治家である。その卓越した学識と経験が生んだ、現在も人々に愛誦される辛口の格言457句。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 賢者についての考察
  • 2章 貴人についての考察
  • 3章 愚者についての考察
  • 4章 賢愚混交についての考察
  • 5章 悪行についての考察
  • 6章 本性についての考察
  • 7章 不相応についての考察
  • 8章 行為についての考察
  • 9章 教法についての考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サキャ格言集
著作者等 Sa-skya Pandi-ta Kun-dga-rgyal-mtshan
Sa-skya Paṇḍi-ta Kun-dgaʾ-rgyal-mtshan
今枝 由郎
サキャパンディタ
書名ヨミ サキャ カクゲンシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.8
ページ数 210p
大きさ 15cm
ISBN 400320901X
NCID BA58364265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20320608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 チベット語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想