理工学のための電磁気学入門

高村秀一 著

本書は、大学初学年向けの電磁気学の教科書。電磁気学の枠組みの中で組み立てられた論理的な考え方がベクトルという数学的な道具を用いて表現され、電磁現象に関する問題が解かれてゆくことについて読者が深く考え、理解してゆく手助けになればという点が大きなねらいである。一方、マクスウェル方程式に集約されてゆく法則が天下り的ではなく、読者も感じ取れる先人の身近な苦労の中で実験的に見出され、数学的に組み立てられていったことをできるだけ実感してもらえるように科学の歴史の面からの配慮をした。またこれらが身近な生活の中の電磁現象とどのように関係するのかについても触れた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 電荷、電場そして電位
  • 第2章 静電場
  • 第3章 コンデンサーと静電エネルギー
  • 第4章 直流電流
  • 第5章 静磁場
  • 第6章 電磁誘導
  • 第7章 マクスウェル方程式と電磁波の伝搬
  • 第8章 電磁波のエネルギーと運動量の流れ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理工学のための電磁気学入門
著作者等 高村 秀一
書名ヨミ リコウガク ノ タメノ デンジキガク ニュウモン
書名別名 Rikogaku no tameno denjikigaku nyumon
出版元 森北
刊行年月 2002.8
ページ数 198p
大きさ 22cm
ISBN 4627734417
NCID BA58364232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20322631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想