漆の文化 : 受け継がれる日本の美

室瀬和美 著

桃山時代、蒔絵などの優れた作品がヨーロッパに紹介され、「japan」と呼ばれた日本の漆文化。縄文時代前期から現在まで脈々と受け継がれてきたその伝統にこそ日本人が本来持っている美意識が凝縮されている。実作者でもある著者自らがその体験を踏まえつつ、漆の美と技を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 漆文化再生への取り組み(漆の起源
  • 国産漆の復活に向けて)
  • 第2章 漆をめぐる旅(海を渡った日本の漆
  • 東西を結ぶアジアの漆
  • さまざまな日本の漆)
  • 第3章 漆工材料と技法(素地の選定と木地造りの技法
  • 下地と漆塗り
  • 漆工品の装飾技法
  • 多種多様な材料・道具)
  • 第4章 文化財保存と創作(漆工品の文化財保存
  • 伝統と創作
  • 漆の文化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漆の文化 : 受け継がれる日本の美
著作者等 室瀬 和美
書名ヨミ ウルシ ノ ブンカ : ウケツガレル ニホン ノ ビ
シリーズ名 角川選書 343
出版元 角川書店
刊行年月 2002.8
ページ数 216p
大きさ 19cm
ISBN 404703343X
NCID BA58357907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20315234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想