大和の豪族と渡来人 : 葛城・蘇我氏と大伴・物部氏

加藤謙吉 著

東アジアの大変動期である5・6世紀、朝鮮半島から大量の渡来人が日本列島に移住してきた。畿内の有力豪族はなぜ彼らと結び付こうとしたのか。渡来系技術者の掌握をめぐる諸豪族の動向を探り、大和政権の実態に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 葛城氏と渡来人(葛城襲津彦と渡来人
  • 葛城地方の渡来人 ほか)
  • 雄略朝以降の王権と大伴・物部両氏(軍事的専制王権の成立
  • 大伴氏の性格 ほか)
  • 東漢氏と軍事的専制王権(東漢氏の氏族組織の問題点
  • 東漢氏の氏族組織の成立 ほか)
  • 蘇我氏の台頭と渡来人(蘇我氏登場
  • オオマエツキミとマエツキミ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大和の豪族と渡来人 : 葛城・蘇我氏と大伴・物部氏
著作者等 加藤 謙吉
書名ヨミ ヤマト ノ ゴウゾク ト トライジン : カツラギ ソガシ ト オオトモ モノノベシ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 144
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.9
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 4642055444
NCID BA58349079
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20319701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想