さまよえるグーテンベルク聖書

富田修二 著

その聖書には何があったのか?日本で初めて『グーテンベルク聖書』の購入に携った著者がナチの手から逃れた聖書やタイタニック号遭難により大きく運命の変わった聖書などそれぞれの聖書に秘められたドラマを綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 グーテンベルクの生涯と作品(グーテンベルク生誕六〇〇年にちなんで
  • グーテンベルクの暦)
  • 第2部 さまよえるグーテンベルク聖書(ナチの手から逃れたグーテンベルク聖書
  • タイタニック号遭難とグーテンベルク聖書
  • グーテンベルク聖書の誤植 ほか)
  • 第3部 グーテンベルク聖書をめぐって(グーテンベルク聖書の復刻版
  • 情報技術革命期のグーテンベルク聖書
  • 活版印刷術の発明をめぐる新しい見解 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さまよえるグーテンベルク聖書
著作者等 富田 修二
書名ヨミ サマヨエル グーテンベルク セイショ
書名別名 Samayoeru gutenberuku seisho
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2002.8
ページ数 243, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4766409353
NCID BA58344315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20322676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想