輝ける子 : 100メートルを10秒で走れと言われてもさ、いっくら努力しても走れない奴っているじゃん

明橋大二 著

[目次]

  • 「おれなんかおらんほうがいいんや」「自殺してやる」-キレる子たち
  • 周りの言葉やちょっとした注意にも、いじめられていると思う子がいる
  • 家に親がいないということだけで、子どもにどんどんモヤモヤがたまっていく
  • ほとんどの加害者は、かつて被害者であった
  • 叱っていい子といけない子がいる
  • 凶暴な奴だと決めつけるのではなくて、この子なりにこうならざるを得ない生きざまが絶対にあったんだと、まず考えてみよう
  • ストレスがある限度を超すと、行動になって出てきたり、心身症になったりする-子どもの心のSOS
  • 今、子どもたちの心に何が起こっているのか
  • 人を大切にできない子どもは、たいてい、その子自身が、大切にされた経験がないからだ-今の子どもは恵まれすぎている?
  • 不登校や、引きこもりの原因は、しつけがなされていないからではない〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 輝ける子 : 100メートルを10秒で走れと言われてもさ、いっくら努力しても走れない奴っているじゃん
著作者等 明橋 大二
書名ヨミ カガヤケル コ : 100 メートル オ 10ビョウ デ ハシレ ト イワレテモサ イックラ ドリョクシテモ ハシレナイ ヤツ ッテ イルジャン
出版元 1万年堂
刊行年月 2002.7
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 4925253069
NCID BA58338334
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想