犬は「びよ」と鳴いていた : 日本語は擬音語・擬態語が面白い

山口仲美 著

「私が一番最初にひっかかったのは、平安時代の『大鏡』に出てくる犬の声です。「ひよ」って書いてある。頭注にも、「犬の声か」と記してあるだけなのです。私たちは、犬の声は「わん」だとばかり思っていますから、「ひよ」と書かれていてもにわかには信じられない。雛じゃあるまいし、「ひよ」なんて犬が鳴くかって思う。でも、気になる。これが、私が擬音語・擬態語に興味をもったきっかけでした。」-英語の三倍・一二〇〇種類にも及ぶという日本語の「名脇役」擬音語・擬態語の歴史と謎を、研究の第一人者が興味深く解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 擬音語・擬態語の不思議(擬音語・擬態語に魅せられる
  • 擬音語・擬態語のかたち
  • 擬音語・擬態語の寿命
  • 擬音語・擬態語の変化 ほか)
  • 第2部 動物の声の不思議(昔の犬は何と鳴く
  • ニャンとせう-猫
  • チウき殺してやらう-鼠
  • モウモウぎうの音も出ませぬ-牛 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犬は「びよ」と鳴いていた : 日本語は擬音語・擬態語が面白い
著作者等 山口 仲美
書名ヨミ イヌ ワ ビヨ ト ナイテイタ : ニホンゴ ワ ギオンゴ ギタイゴ ガ オモシロイ
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2002.8
ページ数 277p
大きさ 18cm
ISBN 4334031560
NCID BA58336248
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20309425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想