風の音 : エッセイ集

外山滋比古 著

師弟や食べものから散歩にことばまで。人生万般について、その機微を声低くゆったりと語る。兼好やモンテーニュの伝統に連なるエッセイを自選によって集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日々是日々(ボタンのはなし
  • 寄宿の子 ほか)
  • キケロ流(漱石の手紙
  • トイレ ほか)
  • 山茶花(あたり木
  • 「集まれ」と「集合」 ほか)
  • 七分の天(夢のあと
  • 楽天的 ほか)
  • 風の音(すず風
  • 帽子 ほか)
  • 赤い風船(柿の色
  • ひつじ田 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風の音 : エッセイ集
著作者等 外山 滋比古
書名ヨミ カゼ ノ オト : エッセイシュウ
書名別名 Kaze no oto
シリーズ名 外山滋比古著作集 / 外山滋比古 著 8
出版元 みすず書房
刊行年月 2002.8
ページ数 362p
大きさ 20cm
ISBN 4622048582
NCID BA58331222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20319589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想