日本古代の食封と出挙

水野柳太郎 著

律令制下の経済活動を支えた出挙と食封の関係、運営の実態を解明し、出挙の起源・性格と変遷、郡稲、寺院墾田地を考察。また条里制地割の成立過程や方格地割による面積計算法などを検討し、古代の土地問題に鋭く迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 古代の食封と出挙(大安寺の食封と出挙稲
  • 出挙の起源とその変遷
  • 郡稲
  • 寺院の墾田地)
  • 第2部 古代の土地問題(田令の継受
  • 面積計算法と方格地割
  • 古代用水をめぐる面積と労働量の計算
  • 色川三中管見
  • 方格地割と文献
  • 西海道戸籍の再検討)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古代の食封と出挙
著作者等 水野 柳太郎
書名ヨミ ニホン コダイ ノ ジキフ ト スイコ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.8
ページ数 400, 14p
大きさ 22cm
ISBN 464202381X
NCID BA58330037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想