妖怪と怨霊の日本史

田中聡 著

元始、日本は妖怪の国であった。彼らはこの国のあらゆる場所に暮らし、人間と共存してきた。しかし、時代とともに妖怪はその姿を歴史の表舞台から消した。本書は、その跡を膨大な資料でたどり、本来の歴史の中に位置づけた、まったく新しい「日本史」への試みである。そこから浮かび上がるのは、まさに「天皇家」を中心とした権力闘争の壮大なドラマであった。怨みを飲んで抹殺されていった者どもの魂が、怨霊となって人間の歴史に介入する。ここに、知られざる歴史の真髄が語られる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 妖怪立国
  • 第2章 ツチグモ虐殺と蛇神の威力
  • 第3章 哀しき雷神
  • 第4章 怨霊と平安
  • 第5章 怨霊の心
  • 第6章 雷神の大暴れ
  • 第7章 聖剣の喪失と新生
  • 第8章 狐の逆襲
  • 第9章 末法の魅惑

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妖怪と怨霊の日本史
著作者等 田中 聡
書名ヨミ ヨウカイ ト オンリョウ ノ ニホンシ
書名別名 Yokai to onryo no nihonshi
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2002.8
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4087201562
NCID BA58326765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20333558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想