コンピュータのなかの人工社会 : マルチエージェントシミュレーションモデルと複雑系

山影進, 服部正太 編

本書は、マルチエージェントシミュレーションの可能性を社会現象への応用という方向に広げ、そして、いかにマルチエージェントシミュレーションが簡便容易にできるようになったかを示す一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 社会の新しい見方と人工社会の構築(社会への新しい接近法-マルチエージェントシミュレーションへの誘い
  • 「どろけい」ゲーム-単純な対抗関係から複雑な分業へ ほか)
  • 第2部 生態系と進化プロセス(アリの本質-繁殖と進化の単純なモデル
  • オオカミとヒツジ-捕食・被食系における群行動の重要性 ほか)
  • 第3部 ミクロな行動が創り出す秩序(地域社会の住み分け-異文化接触と分居プロセス
  • 来園者に優しいテーマパーク-混雑緩和問題と情報の共有 ほか)
  • 第4部 国際社会のダイナミズム(戦争と同盟の国際社会-勢力均衡か世界帝国か
  • 国民の統合と分裂-重層的文化と政治的アイデンティティの消長 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンピュータのなかの人工社会 : マルチエージェントシミュレーションモデルと複雑系
著作者等 山影 進
服部 正太
書名ヨミ コンピュータ ノ ナカ ノ ジンコウ シャカイ : マルチエージェント シミュレーション モデル ト フクザツケイ
出版元 構造計画研究所 : 共立出版
刊行年月 2002.8
ページ数 259p
大きさ 22cm
付随資料 CD-ROM1枚 (12cm)
ISBN 4320097351
NCID BA58311338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20319924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想