臨床医のための処方せんの書きかた

桐野高明, 加藤進昌, 伊賀立二 監修 ; 東京大学医学部附属病院薬剤部 編著

東京大学医学部附属病院では医師向けの情報冊子等によって、医学部学生、研修医、医師に対して、適正な薬物療法のための処方せんの正しい書きかたについて説明してきた。本冊子はその際に用いるテキストを標準化したもの。今回の改訂では、注射薬を含め医療事故防止の観点からより実践的な処方例とそれに関連した必須事項を表形式にしたものを加え、実務書として内容をさらに充実させた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 処方せんの書きかた等に起因する医療事故を防止するために
  • 処方せん記載に関する主な法令等(保険診療の場合)
  • 処方せん記載上の留意事項
  • 実際の処方せんにみられた困った記載例
  • 処方する際に特に注意する薬剤の例
  • 処方する際に特に注意する記載例
  • 特別な服用方法を行う場合の記載例
  • 注射薬の処方せんの書きかた
  • 資料・参照法令等

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床医のための処方せんの書きかた
著作者等 伊賀 立二
加藤 進昌
東京大学医学部附属病院
東京大学医学部附属病院薬剤部
桐野 高明
書名ヨミ リンショウイ ノ タメノ ショホウセン ノ カキカタ
書名別名 Rinshoi no tameno shohosen no kakikata
出版元 文光堂
刊行年月 2002.8
版表示 第5版.
ページ数 140p
大きさ 21cm
ISBN 4830603283
NCID BA5830651X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20327891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想