リデルハート

リデルハート 著 ; 石津朋之 編著

「間接アプローチ戦略」など、軍事戦略・国家戦略の数多くの概念を提示したことで知られる、20世紀を象徴するイギリスの戦略思想家の代表的著作『戦略論』を通して、現代における戦略思想を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『戦略論-間接アプローチ戦略』(第4部・戦略および大戦略の基本的事項(戦略の理論
  • 戦略および戦術の真髄
  • 国家目的と軍事目的 ほか)
  • 第2部・第一次世界大戦の戦略(西部戦線における計画とその問題点-一九一四年
  • 北東戦線
  • 南東(地中海)戦線 ほか))
  • 解題 リデルハート-その虚像と実像(リデルハートとその時代-第一次世界大戦
  • 『戦略論』の誕生
  • 「間接アプローチ戦略」と「英国流の戦争方法」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リデルハート
著作者等 Liddell Hart, Basil Henry
Liddell Hart, Basil Henry, Sir
戦略研究学会
石津 朋之
書名ヨミ リデルハート
書名別名 Rideruhato
シリーズ名 戦略論大系 / 戦略研究学会 編 4
出版元 芙蓉書房
刊行年月 2002.8
ページ数 311p
大きさ 22cm
ISBN 482950305X
NCID BA58292335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20310244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想