映像の詩学

蓮實重彦 著

フォードに翻る白、ルノワールの淫らな風、偏愛してやまぬB級アクション、そしてゴダール論へ…日本映画批評史に、まったく新たな批評言語を導入し、革新的な批評空間を構築した著者が、そのたぐい稀な感性とスリリングなフィルム体験から鋭く映像を読解し、従来の映画評価を根底から覆した、初めての海外映画作家論。図版多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「巨匠」たちの挑発(ジョン・フォード、または翻える白さの変容
  • ハワード・ホークス、または映画という名の装置
  • ジャン・ルノワール、または触覚都市の痕跡)
  • 2 「亡命者」たちの栄光(ルイス・ブニュエル、または越境者の論理
  • フリッツ・ラング、または円環の悲劇
  • ジョセフ・ロージー、または廃墟と廃墟以前)
  • 3 「B級アクション」の系譜(ロバート・オルドリッチ、または快楽の陰欝な構造
  • ドン・シーゲルとリチャード・フライシャー、または混濁と透明
  • サム・ペッキンパー、または契約者の自由と不自由)
  • 4 ファシスムと戯れる作家たち(アラン・レネ、あるいは鏡を恐れるナルシス
  • ベルナルド・ベルトルッチ論、闇・迷路・偶然
  • フェリーニ ルイ・マル ジャック・ドロワン、レジスタンス神話と映画)
  • 5 ゴダールの「変貌」?(『勝手にしやがれ』から『気狂いピエロ』へ
  • 『イタリアにおける闘争』批評とフィルム体験
  • 『万事快調』隠蔽と顕示)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映像の詩学
著作者等 蓮実 重彦
書名ヨミ エイゾウ ノ シガク
書名別名 Eizo no shigaku
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.8
ページ数 574p
大きさ 15cm
ISBN 4480087168
NCID BA5829076X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20315995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想